社員の写真 物流って「未来へのバトン」だ。

社員インタビューINTERVIEW 008

勝間田 皐希Katsumata Koki

リース事業本部 関東支店 東京営業所
2018年入社/文理学部地球システム科学科卒

効率化の時代に、
あえて「根性」で挑み
自分を売り込む。

学生時代には、陸上競技の長距離種目と駅伝に
10年以上打ち込んできた。
その根性や粘り強さが、いまの営業に活きている。
鈴与の知名度を関東にもっと広げたい。
さらに、静岡発の「世界の鈴与」にしたい。
その役割を、車両リースを通して中小会社を支援することで担う。
スマートではないかもしれないが、
実直に足で稼ぐスタイルが強靱な営業力を育てている。

SCROLL

経歴・現在の仕事

  • 2018

    鈴与株式会社 入社

  • 2018現在

    鈴与リース事業本部 関東支店 東京営業所

prev
next
仕事風景1

地元企業に貢献したい。
いろいろ経験して「好き!」を見つけたい。

私は静岡県御殿場市の出身で、地元企業に貢献したいという考えがありました。中でも、鈴与は幅広い事業展開をしているので、「いろいろなことに挑戦してみたい!」という思いから入社を決意しました。入社するときは、正直なところやりたいことが定まっていませんでした。鈴与ならさまざまな経験や知識を身に付けられ、その中で好きなことが見つかると思いました。それと、大学では気象学を学び、卒論では静岡県の海風観測を行っていて、港湾の仕事をしている鈴与とどこか縁を感じました。
もう一点、物流は生活していく中で欠かせないインフラのような存在です。入社後にコロナ禍になっても業務を止めない企業姿勢に、それを強く感じました。社会状況の影響を受けづらいところも、大きな魅力です。

数字だけに頼らず、人を見て判断。
未来をリースする仕事。

車両(トラック、建機、フォークリフト)リースの営業マンとして、千葉県エリアを担当。顧客の多くが、運送、建設関連などの中小企業です。顧客が車両を購入する際、ディーラーとの間に入り、リース提案を行っています。担当車両は、1台1千万円以上する場合が多く、中小企業では一括購入が難しい。そこでリースを利用するのですが、業歴の浅い会社はリース会社の契約枠が小さく、計画通りに車両導入ができません。そこで鈴与では、代表者との会話を重ね、決算書からは分からない会社の強みや課題を情報収集することでリースを受け入れ、会社の成長を支援しています。
ある時、ディーラーから運送会社を紹介して頂き、台数を増やしたいと相談を受けました。
「事業意欲が高く、経営能力がある会社に、機会損失なく物融支援を行う」というリース事業の理念に沿って、リース枠を増額したことで、顧客の成長に携わることができました。
「勝間田くんのおかげで会社が大きくなった」と代表から感謝された時、当社の理念である共生を体現できていると感じられ、最高の瞬間でした。

仕事風景2

「誠実さ」と「負けん気」で、
顧客の信頼を勝ち取る。

この仕事に必要なものは、「誠実さ」と「負けん気」です。
競合の多いリース業界で勝ち抜いていくためには、お客様との信頼関係を構築することが非常に重要です。案件の大きさに関係なく、一つひとつの商談を丁寧に行い真剣に対応する「誠実さ」が私のポリシーです。お客さまからの相談に親身になって応えることで「誠実さ」を伝えられるよう、経営や財務の知識を身に付け、経営者と同じ目線で話すための準備をしています。
そして、何かあった時に一番に思い浮かべてもらえる存在になること。そのために、客先にこまめに顔を出します。ここで必要なのが、「負けん気」。新規の場合、先方で椅子に座れるまで半年、さらに一年かけてやっと案件がもらえることが普通です。そして、依頼が来た際は可能な限りスピーディーに対応することで、多くの仕事につながります。効率化が求められる時代ですが、辛抱強い営業でしか感じられない、やりがいや達成感を味わえる仕事です。

仕事風景3

1日のスケジュール

  • 7:00

    起床

    朝ごはん(プロテイン+ミルク)、支度。

  • 8:00

    営業出発

    メールチェック、社有車で客先へ直行します。

  • 9:00

    トラックディーラーの訪問

    顧客の車両導入の情報交換や新規顧客を紹介してもらいます。
    前日に紹介していただいた顧客の打合せで訪問。

  • 10:00

    運送会社へ訪問

    今朝訪問した、ディーラー営業マンと一緒に新規面談で訪問。
    決算内容をもとに、事業内容や会社の強みをヒアリングし、与信(稟議書)に必要な材料を集めます。短い時間でお客様との距離を縮めることが大切です。

  • 11:00

    既存の顧客に訪問

    空いた時間で既存顧客に挨拶周りをします。
    会話も弾み、あっという間にお昼。この日は社長から昼食に誘っていただきました。

  • 12:00

    昼食

    お客様とご飯。

  • 13:00

    集中タイム

    午前中の訪問の日報入力や午後の訪問の準備を行います。

  • 14:00

    建設会社に訪問

    リース枠が設定できたお客様に見積書の提出をしに訪問。顧客の要望に合わせて、リース期間や割賦の提案を行います。お客様からご了承をいただければ契約。一番緊張する瞬間です。

  • 15:00

    飛び込み訪問

    リースを利用していそうな会社に飛び込み営業を行います。
    何回も訪問を重ねて、案件をもらえた時はとても嬉しいです。

  • 16:00

    事務所に帰社

    一日に平均8~10件(月100〜120件)は訪問しています。
    営業中は一人で寂しいので、事務所で同僚と顔を合わせ、ホッと一息。

  • 16:30

    打ち合わせ

    上長と案件の相談を行い、アドバイスやフィードバックをもらいます。

  • 17:00

    与信資料(稟議書)の作成

    お客様にリース枠の設定を行います。営業活動で収集してきた情報をもとに、稟議書を作成。一番集中して行う業務です。

  • 18:00

    見積作成

    与信枠が設定できたお客様に対して、リース見積の作成を行います。

  • 18:30

    片付け

    一日の営業日報の入力、明日の準備を行います。事前準備は非常に重要です。

  • 19:00

    退社

  • 21:00

    ジム

    週に3回は筋トレで汗を流しています。営業マンは体が資本!体力づくりも重要です。

  • 22:00

    自由時間

    テレビを見てリラックス。一人暮らしなので家事も自分で行います。

  • 24:00

    就寝

prev
next
休日の写真

休日の過ごし方

断然アウトドア派なので外で過ごすことが多いです。最近はゴルフにハマっており、同僚や友人とコースや練習場に行きます。実力はまだまだですが、気持ちの良い当たりが出た時の爽快感がたまりません(笑)。今の目標は、スコアの100切りです。他にも、スポーツ観戦や音楽フェスに参加して、休日を楽しんでいます。

就活生へのメッセージ

色んな企業を見て回れるのが、就活生の特権です!知ってみたら、体験してみたら、興味が出てくる業界があると思うので、固定概念は捨てて、さまざまな世界に飛び込んでみましょう。変革の時代だからこそ、不安になることもあると思いますが、「変化できる会社」は強いです。自分の好奇心を頼りに、悔いのない就職活動をしてください。応援しています!

就活生へのメッセージのイメージ写真

採用応募エントリーはこちらから

新卒採用 キャリア採用