内航コンテナ危険品・静脈輸送サービス はこ廻船

プライベートコンテナヤードの活用により、お客さまの要望に柔軟に対応

「はこ廻船」のコンセプト

「はこべないものをはこぶ、はこべないときにはこぶ」は「はこ廻船」の主要コンセプトです。お客様を取り巻く環境の急激な変化に備え、様々な許認可を取得し、汎用性の高い設備と特殊性の高い設備を組み合わせることで、お客様の多様なご要望にお応えします。

  • 危険物/再生資源輸送における適法性の確保
  • 低炭素輸送
  • ドライバー不足
  • BCP(事業継続計画)策定
はこ廻船サービスの詳細について

航路

航路図
  • ※清水・市原にて東西航路の接続を行い、北海道から九州までの東西間輸送が可能です。

危険物輸送

はこ廻船は各港に専用の保管設備を備え、許認可を取得することで適性法、安全性、安定性における様々な課題を解決します。
♦清水港の設備
危険品倉庫、積み替え用大型タンク、コンテナ屋外貯蔵庫所、タンクコンテナ洗浄設備、タンクコンテナ加温設備
♦市原港の設備
屋外貯蔵所(第一石油類・アルコール類貯蔵可)、高圧ガス、毒劇物
危険物貯蔵所稼働開始について

静脈輸送

はこ廻船は各港で廃棄物処理法上の許認可および規制緩和の許可を取得済みです。また、国際基準を満たした特殊コンテナを新規開発することで、廃棄プラスチックや産業廃棄物の大気および海洋への流出を防止しています。
取り扱い可能な静脈関連貨物
♦産業廃棄物: 汚泥、ばいじん、廃プラスチック類、ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず他
♦汚染物質: 汚染土壌他
♦再生資源: 古紙、金属くず、燃料プラスチック、燃料チップ他
はこ廻船に関するお問い合わせ
  • 袖師埠頭事業部 営業開発課
    担当: 五百旗頭(いおきべ)、岡
    TEL:054-365-1348
はこ廻船に関するお問い合わせ
はこ廻船に関するお問い合わせ先 QRコード
鈴与市原プライベートターミナル 関連サービス

「湾岸ショートカット」
東京湾内、海上コンテナ接続サービス

鈴与の市原プライベートターミナルと横浜港をつなぐコンテナバージ船を利用することで、横浜港発着の船社サービスを市原港からご利用頂くことが可能です。
  • CO2削減
  • 京浜港CYゲート待ち回避
  • 交通渋滞リスクの回避
湾岸ショートカットについて
海上コンテナ接続サービス

「Keiyo1000Ð」
市原危険物倉庫

鈴与の市原プライベートターミナル内では、ドラム缶やIBCタンク等に収納された危険物の保管が可能です。
期間は短期から長期まで、数量は少ないから多いまで、お客様のニーズにあった最適なスペースをご提供します。
  • トラブル等による緊急時的な保管場所として
  • 工場の定修にあわせた積み増し在庫の保管場所として
  • BCPのためのストックポイントの一つとして
♦取り扱い品目
消防法第4類第3石油類、第4石油類、動植物油類
  • ※上記以外の第二石油類や他法令(毒劇物、高圧ガス等)でもお受けできる場合がございます。詳細はお問い合わせください。
Keiyo1000Ðについて
「Keiyo1000Ð」市原危険物倉庫
鈴与市原プライベートターミナル 関連サービスへのお問い合わせ
  • 袖師埠頭事業部 市原事業所
    担当: 岩間、八月朔日(ほずみ)
    TEL:0436-98-3351
湾岸ショートカットに関するお問い合わせKeiyo1000Dに関するお問い合わせ
湾岸ショートカットに関するお問い合わせ先 QRコード
湾岸ショートカット
keiyo1000dに関するお問い合わせ先 QRコード
keiyo1000d