会社概要

会社概要をご紹介いたします。

社 名
鈴与株式会社
英文社名
Suzuyo & Co.,Ltd.
創 業
1801年(享和元年)
創 立
1936年(昭和11年)
資本金
10億円
代表者
代表取締役会長 鈴木与平
代表取締役社長 鈴木健一郎
従業員数
1,185人(2021年9月1日現在)
売上高
1,442億29百万円(2021年8月期)
事業内容
港湾運送事業、海上運送事業、内航海運事業、自動車運送事業、自動車運送取扱業、自動車回送事業、通関業、保税上屋業、海運貨物取扱業、航空運送代理店業、船舶代理業、物件の賃貸業(リース)、防除業、埠頭業、倉庫業、情報処理事業、不動産の媒介代理業、廃棄機密文書の回収および機密消滅業務、製造業(医療機器・動物用医療機器・化粧品・医薬品・医薬部外品・体外診断用医薬品) 他
所在地
静岡県静岡市清水区入船町11-1
本社へのアクセス

鈴与株式会社 本社
住所:静岡県静岡市清水区入船町11-1
お問い合わせ先はこちら

  • 東名清水I.Cより臨港道路経由15分
  • 静鉄新清水駅より徒歩10分
  • JR清水駅より三保方面バス乗車「万世町」バス停下車徒歩5分

物流セグメント 業績推移

売上

営業利益

EBITDA

  • EBITDAについて
    企業価値評価の指標で、利払い前・税引き前・減価償却前営業利益(Earnings before Interest, Taxes, Depreciation and Amortization)を指します。
    算出方法は営業利益に減価償却費を加えたもので、営業キャッシュフロー(キャッシュベースの利益)と捉えることが出来ます。
    金利水準や税率、減価償却方法は国によって異なるため、国際的な企業価値を比較分析する場合、こうした違いを排除したEBITDAが有用な指標となります。
    また、設備投資額の大きな会社は、減価償却費負担の利益への影響が大きくなるため、この影響を排除することで、投資から得られた利益の成長性を評価することが出来ます。

方針

  • 【基本理念】
    私たち鈴与株式会社は、経営の拠りどころである「共生ともいき」の精神に則り、全社員が「地球環境との共生」を大切な要素として認識しています。
    目指しているのは物流における事業活動を通じて、人類が直面している地球環境課題の解決に貢献することです。
    【基本方針】
    私たちは、地球環境課題の解決に向けて、以下の取り組みを自主的・積極的に推進します。
    • · 各国および各地域の環境法規制を遵守します。
    • · 廃棄物の発生抑制・分別・再利用・リサイクルに取り組み、資源循環型社会の形成に貢献します。
    • · 省エネルギー・創エネルギー、輸送効率化などに取り組み、二酸化炭素排出を抑制して地球温暖化の防止に貢献します。
    • · 天然資源保護や自然・土地の再生に取り組み、自然環境保全に貢献します。
    これらの取り組みは、情報共有し、お互いに刺激し合いながら、継続的に改善します。
    この環境方針は、鈴与株式会社の全社員に周知するとともに、広く開示します。
  • 【はじめに】
    私たち鈴与株式会社は、経営の拠りどころである「共生ともいき」の精神に則り、国内外の幅広い事業分野においてあらゆるステークホルダーの人権を常に公正に尊重するために、人権方針をここに定め、人権尊重の取り組みを推進していきます。
    【適用範囲】
    本方針は、鈴与株式会社の全ての役員と社員に適用します。また、鈴与株式会社の協力会社に対しても、本方針を支持し、人権の尊重に努めていただくよう求めます。
    【基本的な考え方】
    私たちは、国連の「ビジネスと人権に関する指導原則」を実行の枠組みとしてとらえ、事業活動を行うそれぞれの国または地域における法と規制を遵守します。
    国際的に認められた人権と各国の法令に矛盾がある場合には、国際人権章典を最大限に尊重する方法を追求します。
    【人権尊重のコミットメント】
    • · 鈴与株式会社で働く人々の人権、個性および尊厳を尊重し、職場における嫌がらせや差別を排除します。
    • · 児童労働・強制労働・不当な低賃金労働を行いません。
    • · 結社の自由及び団結権の保護を尊重します。
    • · 安全かつ安心で、健康的な職場環境を提供します。
    【人権尊重の特定・対処】
    • · 私たちは、事業活動に伴う人権への負の影響の把握に努め、その回避または軽減を図るように努めます。
    • · 私たちが人権に対する負の影響を引き起こした、あるいはこれに関与したことが明らかになった場合、適切な手続きを通じてその救済に取り組みます。
    • · 私たちは、本方針が鈴与株式会社の社員一人ひとりに定着するよう、適切な教育と研修を行なっていきます。
    本方針の一連の取り組みにおいて、社外の専門知識を活用するとともに、自らの事業により影響を受ける可能性のあるステークホルダーとの対話と協議を真摯に行います。
  • 私たち鈴与株式会社は、経営の拠りどころである「共生ともいき」の精神に則り、お客様のサプライチェーンを物流の側面から支えるパートナーとして、協力会社および関係会社と共に社会的責任を果たすことの重要性を認識しています。
    以下に示す方針のもと、協力会社および関係会社との間に適切な関係を確立し、公正で健全な調達活動を推進していきます。

    【法令・社会規範の順守】
    協力会社および関係会社との業務において、法令・社会規範および会社規則を順守します。
    【公平・公正な取引】
    協力会社および関係会社の選定に際して、公平なビジネス機会を提供し、公正な選定を行い、安易な起用を控えます。
    【人権、環境、労働慣行、職場環境の配慮】
    協力会社および関係会社と共に、人権尊重、地球環境との共生、安全衛生の確保、職場環境の向上等の理解・浸透を図り、これらに適切に配慮していく取り組みを推進します。
    【共存共栄】
    協力会社および関係会社と対等・公正・透明で長期的な信頼関係を築き、相互の繁栄・存続を目指します。

    この調達方針は、鈴与株式会社の全社員に周知するとともに、広く開示します。

  • 私たち鈴与株式会社は、経営の拠りどころである「共生ともいき」の精神に則り、総合物流事業者としての社会的使命に応えるべく、以下に示す方針のもと、リスクマネジメント活動に全社を挙げて取り組んでまいります。

    【基本目的】
    • ・お客様、地域社会、役員、社員およびその家族の安全の確保。
    • ・ステークホルダーとの信頼関係維持。
    • ・経営資源の保全および事業の継続。
    【行動指針】
    • ・人命の安全確保を最優先とします。
    • ・ステークホルダーの利益を害したり信頼を損なうリスクの洗い出し・評価を行い、全社的に管理します。
    • ・リスクの発生の未然防止に努めます。発生・解決したリスクの再発防止を徹底します。
    • ・緊急的・危機的事態の発生時には、速やかに責任ある対応を行い、経営資源の保全および事業の継続に努めます。

    このリスクマネジメント方針は、鈴与株式会社の全社員に周知するとともに、広く開示します。