• 開催中の展示会
  • イベント
  • ギャラリー
  • ご利用案内
  • 水口屋ギャラリー

企画展「貨客船の移り変わり」



「汽船号」(部分・明治時代後半)
日本郵船所有貨客船の一覧
船の科学館蔵

2021年2月27日(土)~5月9日(日)

9:30~16:30
休館日:月曜日(5月3日は開館)

貨客船のはじまり

日本の商船は、貨物船に次第に旅客を乗せることにより発達していきました。

明治時代前半には和船による沿岸航路に欧米から購入した汽船による長距離航路が加わりましたが、この長距離航路は明治10年代に成立した日本郵船や大阪商船が主体であり、戦後は貨物と客船に別れていきました。

日本郵船と大阪商船

三菱会社と半官半民の共同運輸会社の合併により、“煙突に白と赤の日本線”で知られる日本郵船が誕生しました。一方、瀬戸内海で運行する70以上の商船会社を統合して大阪商船が成立しました。大阪商船は国内航路と近海航路が中心でしたが、両会社は互いに航路を補完しながら国内・アジアに加えて、日清戦争後にはヨーロッパやアメリカ大陸、オーストラリアへと航路を延ばしていきました。また、次第に客船としての役割を大きくしていきました。そして、昭和初期から第二次世界大戦までの間に貨客船の全盛期を迎えました。

航空機が世界を飛び交う現代とは異なる、海洋交通時代の主役が貨客船でした。

■主催
一般財団法人清水港湾博物館(フェルケール博物館)
■協力
船の科学館/横浜みなと博物館
■後援
静岡市/静岡市教育委員会/
朝日新聞静岡総局/NHK静岡放送局/
毎日新聞社静岡支局/読売新聞静岡支局/
産経新聞社静岡支局/静岡新聞社・静岡放送/
中日新聞東海本社
■協賛
鈴与グループ

【次回の展示】

企画展「下駄展 金子皓彦コレクション」



雨下駄


子ども下駄


引札

2021年5月15日(土)~7月4日(日)

9:30~16:30
休館日:月曜日

静岡の下駄

現在の静岡市域にあたる静岡・清水が江戸時代から下駄の産地だったことを知る人は少なくなりました。

静岡市は市域北側の約8割にあたる10万㌶以上が現在でも森林に覆われています。江戸時代の初めには、ここから切り出された御用材が駿府浅間神社、久能山東照宮の造営等に使われ、遠くは江戸へも搬出されていました。清水湊は木材の集積地でもあったので、その周辺では木材を活用した下駄産業が発展しました。明治時代以降の静岡市周辺には大小の下駄工場が設置されて大分の日田や広島の福山とともに日本の三大下駄産地とよばれるようになりました。また、特に駿府の漆工芸と結びついた塗下駄は漆絵を描いた華やかな塗下駄として現代まで引き継がれています。

本展について

本展示会で紹介する下駄とその関連資料は、金子皓彦氏が収集された数千点のコレクションから厳選して紹介するものです。

金子コレクションには、鉄下駄・竹下駄・塗下駄・雪下駄・駒下駄・高下駄・庭下駄・浜下駄・スケート下駄など、素材や用途により区分された様々な呼び名の下駄が集められています。また、下駄をはく人を描いた絵画や浮世絵、下駄販売に係る木製看板や引き札(チラシ)、絵葉書、そして下駄を作る道具など、下駄に関わる関連資料もあります。本展では、世界のなかでも、特徴的な日本の下駄文化を紹介いたします。

■主催
一般財団法人清水港湾博物館(フェルケール博物館)
■協力
静岡塗下駄工業組合
■後援
静岡県教育委員会/静岡市/静岡市教育委員会/
朝日新聞静岡総局/NHK静岡放送局/
毎日新聞社静岡支局/読売新聞静岡支局/
産経新聞社静岡支局/静岡新聞社・静岡放送/
中日新聞東海本社
■協賛
鈴与グループ