• 開催中の展示会
  • イベント
  • ギャラリー
  • ご利用案内
  • 水口屋ギャラリー

時代を彩るグラフィックデザイン


輸出レコードラベル


石版 昭和期

2019年3月16日(土)~5月19日(日)

9:30~16:30(3月16日は10時30分開館)
休館日:月曜日(4月29日、5月6日は開館)
※4月14日(日)は臨時休館

近代グラフィックデザインの端緒となる海外輸出用茶箱レッテル・蘭字は日本茶をアピールするため、木版により印刷されてパッケージに貼られていました。以降、印刷技術の発達に伴い、美的かつ効果的に内容を表現することを目指して様々なグラフィックデザインが作られてきました。本展では、ポスターや商業ラベル、パッケージなどの印刷物により明治~昭和時代中頃までのグラフィックデザインを紹介してまいります。

●広告

商品やサービスを知らせるためのポスターやチラシ、観光案内などの広告から当時の生活や流行を知ることができます。

●ラベル

明治・大正期の西洋の影響を受けた折衷スタイルから昭和に入ると英文字表記が減り、大胆な構図へと変化していきます。

●パッケージ

大正時代以降の紙製パッケージは内容を連想させるイラストや文字デザインなど、自由な表現を見ることができます。

●印刷道具

木版から現在の平版印刷までの道具類でグラフィックデザインの発展を支えてきた印刷技術を紹介します。

■主催
一般財団法人清水港湾博物館(フェルケール博物館)
■展示協力
四日市印刷工業株式会社
■後援
静岡県教育委員会/静岡市/静岡市教育委員会/
朝日新聞静岡総局/NHK静岡放送局/
毎日新聞静岡支局/読売新聞静岡支局/
産経新聞社静岡支局/静岡新聞社・静岡放送/
中日新聞東海本社
■協賛
鈴与グループ