2021.10.29

静岡市内の福祉団体等へ総額350万円の寄付
(鈴与創業220周年 第28回マッチングギフト)

オンライン職場見学会開催の様子1

10月29日(金)、『第28回マッチングギフト(※)』として、総額350万円の寄付を実施致しました。

「マッチングギフト」は、有志社員が給与天引きにて毎月100円ずつ積み立てた募金に、会社が社員1年間の積立額と同額を上乗せして静岡市内の社会福祉団体に寄付する活動ですが、今年は弊社の創業220周年という節目の年に当たることから、社員の積立額130万円に対し、会社からの上乗せ金額を「220万円」と増額。静岡市社会福祉協議会を通じて静岡市内の福祉団体等23団体へ寄付金および食料品の贈呈を行なった他、コロナ禍という困難な状況のなかで医療に従事してくださっている医療従事者の皆さまへ感謝の気持ちを込め、病院への寄付も実施致しました。

各団体等への寄付金は、必要な物資の購入に充てられる予定です。贈呈先の活動内容について弊社社員がより一層理解を深めるため、社員から選出されたメンバー(CI推進委員会『社会との共生(ともいき)部会』マッチングギフト贈呈チーム)が、贈呈先のうち数団体とリモートでの懇談会を実施予定となっております。

当社の経営の拠りどころである「共生(ともいき)」の精神のもと、今後も社員ひとりひとりが地域社会の一員であるという自覚を持ち、地域および社会貢献活動に積極的に参加して参ります。

鈴与株式会社 代表取締役副社長 西尾 忠久のコメント

「鈴与マッチングギフト」は、今回で28回目を数えることとなりました。いつもご協力を戴いております静岡市社会福祉協議会様には改めて厚く御礼を申し上げます。
また、お陰様で当社は今年、創業220周年を迎えることができました。当社の歴史は地域社会に支えられて発展してきた歴史でもあります。今回のマッチングギフトでは地域社会の皆様への感謝の気持ちを込めて贈呈額を増額させていただきました。皆様の活動に少しでもお役に立てていただければ幸いに存じます。今後もさらに従業員の輪を広げて活動を続けて参ります。

静岡市社会福祉協議会 会長 三重野 隆志 様のコメント

私たち福祉関係者は、「絆」や「触れ合い」という点を大切にしながら、コロナ禍でさまざまな工夫をしながら各種団体の福祉活動や生活困窮者の支援に取り組んでおります。
マッチングギフトにつきましては1993年から28年の長きにわたり実施いただき、本当にありがたく存じます。市内の多くの団体がこの活動に助けられており、地域社会と住民の方々、会社・社員の皆さまがともに生きていくという御社の経営理念「共生(ともいき)」を具現化する活動であると思っております。
社会福祉協議会は、一人一人の暮らしを大切にする地域社会、いわゆる共生(きょうせい)社会を目指して努力しているところです。引き続き、ご支援賜りたく存じます。本日は誠にありがとうございました。

『マッチングギフト』概要

有志社員が給与天引きにて毎月100円ずつ積み立てた募金に、会社が社員1年間の積立額と同額を 上乗せして、静岡市内の社会福祉団体に寄付する活動です。故七代与平の社会福祉活動に対する遺志を継承し、社員の社会貢献を目的として1993年からスタートしました。2021年8月末現在、1,111名の社員が参加しています。

経営企画室 企画広報チーム 広報担当