• 開催中の展示会
  • イベント
  • ギャラリー
  • ご利用案内
  • 水口屋ギャラリー

豪華客船の時代-船の科学館コレクションより-


「ホワイトスターライン“オリンピック”」ポスター 船の科学館蔵


「浅間丸」メニュー 船の科学館蔵

2017年6月17日(土)~7月30日(日)

9時30分~16時30分(6月17日(土)は10時30分開館)
休館日:月曜日(7月17日は開館)

定期客船からクルーズ客船へ-豪華客船の変化-

現在のように航空機で世界を飛び交う時代の前には、客船が旅客交通の主役でした。

第一次世界大戦後の大型客船の建造ブームを経て、第二次世界大戦までの間は日本でも定期航路に就航する豪華客船の時代がありました。当時は船の大きさやスピード、設備、サービス等、内外の客船会社の間で競争が繰り広げられました。戦後は旅客交通が船から飛行機へと交代したことから、船の旅は定期航路からクルーズ客船の旅へと代わっていきました。清水港にも豪華なクルーズ客船が毎年来航し、2016年には18隻の客船が入港しました。

今回の展示会では、かつての外航客船時代の資料とともに清水港に来航するクルーズ客船の関連資料を紹介します。

■主催
一般財団法人清水港湾博物館(フェルケール博物館)
■協力
公益財団法人日本海事科学振興財団(船の科学館)/国土交通省中部地方整備局清水港湾事務所/静岡県清水港管理局/清水港客船誘致委員会/清水港利用促進協会
■後援
静岡県教育委員会/静岡市/静岡市教育委員会/
朝日新聞静岡総局/NHK静岡放送局/
毎日新聞静岡支局/読売新聞静岡支局/
産経新聞社静岡支局/静岡新聞社・静岡放送/
中日新聞東海本社
■協賛
鈴与グループ