• 開催中の展示会
  • イベント
  • ギャラリー
  • ご利用案内
  • 水口屋ギャラリー

柳原良平のデザインと船のギャラリー


デッサン 1950~53年頃


『柳原良平 船の本』 1968年


洋行(天洋丸) 2009年 油彩・キャンバス

2018年2月24日(土)~5月13日(日)

9:30~16:30(2月24日(土)は10:30開館)
休館日:月曜日(4月30日は開館)

1 はじまり

柳原良平氏は東京に生まれ、小学生の時から船の画を好んで描き、紙で模型を作っていたといいます。後に自らを“船キチ”と呼ぶことになることを、遺されたスケッチブックからもうかがい知ることができます。

2 イラストレーターとして立つ

京都市立美術大学(図案専攻)を1954年に卒業し、洋酒の寿屋(現サントリー)に入社しました。この時期に開高健のコピーとともに柳原氏のイラストレーションで毎月広告を打ち出していきました。平面的で、ハーフトーンとシャープな線は柳原良平のイラストレーションの特徴となりました。

3 船・港・海を描く

「アンクルトリス」はデザイナーの柳原良平氏を有名にしました。その一方で、柳原=アンクルトリスのイメージを固定化していきました。そのような時に柳原氏の助けになったのは、やはり「船」でした。1968年に出版した『柳原良平 船の本』は、その後の柳原氏の仕事を象徴しているかのようです。イラストレーターでデザイナー、海洋画家、漫画家、エッセイストなど様々な肩書をもつ柳原良平氏の仕事の根底にあった一番大きなものは「船」であったことが遺された作品群から納得させられます。

柳原氏のイラストレーターやデザイナーとしての作品は表紙絵や装丁、様々な立体的なグッズデザイン、お菓子とそのパッケージ、船体のカラーリングなど多岐にわたっています。1983年に描かれた清水インター横の貯水タンク絵も柳原良平氏が静岡に残した代表作のひとつといえるでしょう。

■主催
一般財団法人清水港湾博物館(フェルケール博物館)
■協力
横浜みなと博物館
■後援
静岡県教育委員会/静岡市/静岡市教育委員会/
朝日新聞静岡総局/毎日新聞静岡支局/
読売新聞静岡支局/産経新聞社静岡支局/
静岡新聞社・静岡放送/中日新聞東海本社
■協賛
鈴与グループ