• 開催中の展示会
  • イベント
  • ギャラリー
  • ご利用案内
  • 水口屋ギャラリー

■フェルケール博物館ご利用案内

  • 開館時間・休館日
  • アクセス

大正ロマンと女性の手仕事-大正~昭和のくらしとデザイン-


背守り


つまみ細工の櫛とかんざし

2017年3月4日(土)~4月16日(日)

9時30分~16時30分(3月4日は10時30分開館)
休館日:月曜日(3月20日は開館)

背守りとつまみ細工から始まったコレクション

静岡のとあるお宅の木箱から大正時代に共立女子職業学校(共立女子大学の前身)で裁縫を学ばれた佐久子さんという女性が使った品々が出てきました。子供の着物に縫い付ける背守りの見本帖やつまみ細工とその型紙、当時の裁縫の教科書も含まれていました。

今では、これらの品々を基にして、和服や針や糸に関わる女性の手仕事の資料、加えて昭和時代前半のくらしの道具がコレクションされています。

本展示会では、佐久子さんが使っていた裁縫を中心とした女性の手仕事の資料と当時のくらしを想像することができるおもちゃや雑誌、生活用具を紹介します。現代とは異なる感覚やデザインを感じていただけることでしょう。

■主催
一般財団法人清水港湾博物館(フェルケール博物館)
■後援
静岡県教育委員会/静岡市/静岡市教育委員会/
朝日新聞静岡総局/NHK静岡放送局/毎日新聞静岡支局/
毎日新聞静岡支局/ 読売新聞静岡支局/
産経新聞社静岡支局/静岡新聞社・静岡放送/
中日新聞東海本社
■協賛
鈴与グループ