鈴与株式会社
採用ホームページ
マイページ登録はこちらから

先輩社員紹介

HOME>社員紹介>益岡 佑輔

自分の仕事の範囲を決めず
何にでも興味を持つ!

益岡 佑輔Yusuke Masuoka

2006年 入社
DC事業部 オフィス・デボ物流センター 配属
(物流センター内日常業務担当)
2008年
DC事業部 営業チーム
〈勤務地:東扇島物流センター〉
(新規顧客の立上げを担当)
2009年
第一DC事業部 営業チーム
〈勤務地:東扇島物流センター〉
(新規顧客の立上げを担当)
2010年
第一DC事業部 東扇島物流センター
〈勤務地:東扇島〉
(物流センター管理業務担当)

なぜ鈴与を選んだのか?

良好な人間関係が築いていけると感じました

就職活動で約30社の説明会や選考を受けましたが、他の会社に比べて人間の温かみを強く感じたため鈴与を選びました。選考の過程で多くの鈴与社員と接しましたが、どの方もコミュニケーションを取っていて好印象であったため「この会社には嫌な感じの人はいない」と強く感じました。
現在、5年目を迎えましたが、選考の時に感じていた温かみは間違いではなかったと感じています。人生の中で学生生活よりも長い時間を過ごすのが会社。良好な人間関係が築いていけると思える会社を選ぶことは自分の進路を決める上で大切なことと感じます。

仕事をする上で大切にしていること

自分の仕事の範囲を決めず、何にでも興味を持つ

他の職員が行っている仕事の話を聞いたり、トラブルが発生した際には敢えて首を突っ込み解決策を一緒に考えたり、少しでも自分の仕事の幅を拡げられるよう意識しています。様々なことを実体験することで、会社の一員としても人間としても成長し続けていきたいと思っています。

仕事がデキる人とは?

仕事を進める上での優先順位をしっかりと見定めることが出来る人

メリハリのある仕事が出来る人だと思います。
会社に入ると様々な業務が舞い込んできます。その中で仕事を進める上での優先順位をしっかりと見定めること、力を入れるべき点(手を抜いて良い仕事はないですが)を正確に判断することが出来れば、仕事も円滑に進んでいきます。このようなことが出来れば、結果として次のステップへの挑戦をするチャンスが生まれ更なる成長へと繋がっていくと思います。

新入社員に求めること

物事の上辺だけではなく本質を捉えることを意識することが大切

1年目や2年目の時は先輩社員からの指示を受けて仕事をすることが多くなりますが、先輩社員も何の考えもなく指示を与えているわけではなく、その業務の中で何かを感じ取ってほしいと思っています。指示された内容を機械的にこなすだけでなく、その業務の前工程・後工程がどうなっているのか、何の為に行っているのかを常に考えるべきです。物事の本質を捉えれば、仕事に対する理解も深まり、より効率的に業務を回すための改善アイデアも生まれてきます。

プライベートの過ごし方

休日は仕事のことは全く考えず、脳みそも完全にOFFの状態で過ごしています。1日中家にいることはほとんどなく、ドライブやアウトドアなどの趣味に費やす時間が多いです。最近は友人と泊りがけでキャンプへ出かけたり、神奈川県の景勝地50選巡りをしています。
このページの上部へ ▲

センパイ、質問です!