鈴与株式会社
採用ホームページ
マイページ登録はこちらから
事業紹介項目

シンガポールでバイクを走らせろ!

HOME>事業紹介>Project Story day1
プロジェクト実現に奔走する3人のスタッフ

business overview物流

day1-1

輸出Orderを受ける

メーカーからの電話による依頼を受ける鈴木

海貨・航空貨物部門に携わっている鈴木の仕事は、海上輸送を使った海外との輸出入である。顧客から依頼された貨物を、納入先まで無事送り届けるために全ての手配を行う。 今日も顧客であるメーカーから依頼が入った…

「バイクを3月3日現地に着くよう清水発の船便でシンガポールに届けてくれ…」

day1-2

各種手配

パソコンで各種手配を進める鈴木

輸出のコーディネーターとして、各物流拠点への手配を行う。
貨物をどこで、いつまでに預かり、いつどこの港で船に積むのか、またそれまでの陸上輸送は…
倉庫、運送業者、港のコンテナターミナル、各物流拠点への手配は同時進行だ。

貿易書類に間違いがないかチェックする鈴木

一方、税関への関税納入、通関業務、貿易書類の作成、自らがこなす業務も山積みである。
鈴木は顧客から輸出に関わる全ての業務を任されている責任者なのだ。

海貨・航空貨物事業

陸・海・空の輸送網を組み合わせ、最適なルートを構築する物流コーディネーター

海貨・航空部門では、お客様の窓口となり、貨物をお預かりし、その貨物を目的地まで輸送するための様々な手続き・輸送機関の手配を行っています。船会社、倉庫業者、運送業者、税関など様々な機関と連絡を取り、お客様の貨物の「預かる・運ぶ・輸出入の法的手続き」を一手にコーディネートします。
企業の国際化や情報通信技術の急速な進歩によりますます複雑化しているお客様からの物流ニーズに応えるため、海上輸送や航空輸送を組み合わせたドアツードアの一貫輸送サービスを手掛ける等、最適な物流をコーディネートしています。

ボタン:day2 倉庫・DC事業に進む
このページの上部へ ▲