鈴与株式会社
バックナンバー
4色アイコン(緑)

私たち、留学生

HOME>内定者サイト>私たち、留学生!

鈴与に入社を決めた留学生3人に、①日本での就職活動をどのように行ったのか、②なぜ物流業界に興味をもったのか、③なぜ鈴与を選んだのか、についてインタビューしました。

カフェで話し合う留学生3名

Lie Yovita Lily(リー・ヨヴィタ・リリー)

学部学科

アジア太平洋学部アジア太平洋学科


出身

インドネシア・ジャカルタ


志望業界

メーカー、サービス、化学メーカー


面接を受けた企業数

20社


自分を一言で表すと

バランスで生き抜く

王宝艶(おう・ほうえん)

学部学科

国際経営学部国際経営学科


出身

中国・南京市


志望業界

メーカー、物流、保険、金融


面接を受けた企業数

25社


自分を一言で表すと

Just do it

Sao Tharape Kham(サー・タラピー・カン)

学部学科

国際経営学部国際経営学科


出身

ミャンマー


志望業界

海運、物流、メーカー


面接を受けた企業数

8社


自分を一言で表すと

負けず嫌い

和太鼓を実演するリーさん
柄杓で水をすくう王さん
着物姿で華道を学ぶサーさん

Q. 日本での就職活動をどのように行ったのか?

最初、留学生である私は就職活動について何も分かりませんでした。
とりあえず、大学で行われた就活ガイダンスに参加してから、大学で行われる会社の説明会に参加して、様々な業界を見てから、履歴書を出しました。

最初は何も分からなくて、業界も絞っていなかったのですが、何回も説明会に参加しながら業界を絞って、私の就活軸も見つかるようになりました。そこから、関心の強い会社だけ応募するようになりました。

ほとんどの企業では、一次面接までは大学で行われました。二次面接からは各会社の本社で行われたため、飛行機の搭乗券や宿泊先を探して予約し、今まで足を踏み入れたことのないところに行きました。

今振り返ると、就職活動は履歴書を書くことや、知らない所に行くことなど、大変なことが山ほどありますが、それを乗り越えれば、知識や人間性の面で成長できると思います。
私は主に学校に来てくれる会社を受けました。
学校で行った説明会は90%(150社~200社)以上参加して、その中で自分が興味のある会社を見つけて、履歴書を出しました。

就職活動の前は、自分がどんな企業に入りたいのか分からなかったので、不安も結構ありました。
そのため、いろんな業界の企業の説明会に参加することで、自分がどんな仕事をやりたいのか段々と分かって来ました。それから、精一杯努力して誠心誠意で面接を受けました。
私は自分の可能性、視野を広げるため日本に留学し、日本とグローバル環境が共存している大学を選びました。
経済力、技術力が最先端である日本を出発点として、国際的な事業に踏み出し、少しでも社会に貢献したいと思って日本で就活することを決めました。

国際的な事業で活躍したいと思っていたので、就職先の企業は国際性とその方針を基準として選びました。
母国の文化と全く違った日本文化で働くことになるので、その新鮮さを大事にしながら、もっと広い新しい世界を目指して頑張っていきたいと思います。

Q. なぜ物流業界に興味をもったのか?

最初は物流業界に興味は全くなかったのですが、業界を絞り始めたときに物流業界の会社の説明会があって、よく考えたら物流会社は様々な人と働けると思って、エントリーしました。

私は一つの国だけにとどまらずに、幅広い仕事をしたいので、国々の架け橋になるような仕事ができそうな物流会社を選びました。
私が物流業界に興味を持った理由は3つあります。
まず1つ目に、物流がないと世界経済は回らないからです。
2つ目は、物流と関わる業界はたくさんあるので、様々な業界と接した上で、自分の視野も広がっていくと思うからです。
そして3つ目に、国際物流に携わることで世界経済の動きを肌で感じながら、留学生としてグローバルに活躍できそうだからです。
私はもともと物流事業に興味を持っていて、大学生の時にも物流に関する科目を中心に勉強してきました。
物流事業はあらゆる分野の事業を支え、重要な役割を果たしている不可欠な存在です。

私の母国、ミャンマーを含め東南アジアにおける物流の役割はこれからもっと発展するとともに、その役割も重要になる一方です。
物流は私が興味を持っている分野でもあるので、自分の言語能力、大学で養った国際教養などを活かして自分のベストを尽くしていきたいと思います。

Q. なぜ鈴与を選んだのか?

伝統もあって、幅広い仕事ができると思ったので、鈴与株式会社を選びました。

200年以上の伝統があり、この会社のやり方は固いのかなと思ったので、最初は心配しましたが、去年入社した先輩に聞いたところ、私が思ったのとは全然違って、鈴与は固くない会社だと教えてくれました。
選考や研修を経験して、人事部の方々や先輩社員は人をそのまま受け入れて、大切してくれると強く感じました。
その上、海外展開もしており、母国のインドネシアにも現地法人があり、多くの仕事をできそうなので鈴与株式会社を選びました。
最も大きな理由は、鈴与は人を大切する会社と感じているからです。

就職活動をする前には鈴与のことはあまり分からなかったのですが、人事部の方は何回も学校に来て、物流勉強会や説明会を行ってくれました。さらに、面接で人事部の方が学生を大切にしている姿勢に惹かれました。
社内の人材育成制度も充実しており、海外事業も順調に拡大しているので、鈴与を選びました。
鈴与株式会社は200年もの長い歴史を継いでいる会社であり、日本だけではなく海外にも進出している会社です。
私の夢は物流に関わる国際事業に取り組むことであり、鈴与を舞台に活躍していきたいと思って選びました。

鈴与を選んだもう一つの理由は、「人」です。
鈴与の社員の方々は生き生きとしていて、自分の会社を誇りに思い、自分の仕事に自信を持っているように感じられます。
さらに、アットホームな雰囲気がするので、私もその一員として頑張っていきたいです。
ボタン:内定者対談1 どんな学生生活を送ってきたの?
ボタン:内定者対談2 私が「鈴与」に決めた理由。
ボタン:内定者対談3 鈴与でこんな仕事がしたい!
ボタン:内定者対談4 私たち、留学生!