鈴与株式会社
バックナンバー

バックナンバー 2012

HOME>内定者サイト>バックナンバー

内定者がこたえる 就活お悩み相談室

テストが受からない

『得意なテストは誰にでもある!』
 みなさんテストは簡単とか言いますけど正直、難しいですよね(笑)。

 私の場合、筆記テストは得意だったのですがwebテストやテストセンターはホントに苦手でした。1問ずつ時間制限があり、焦ってしまうからです。もちろん勉強をするのは大切ですが、限られた就職活動期間の中ではエントリーシートを書いたり面接の対策をしたりと忙しいため、テスト勉強にはさほど時間を割くことができません。

 そこで私は、割り切ってなるべく筆記テストを実施する会社を受けるようにしました。会社のテスト形式は就活四季報を見れば書いてありますので、いろいろなテストを受けてみて自分に合うテストを見つけて効率の良い就職活動をしてください。

 ちなみに鈴与にも筆記試験があります。比較的簡単な試験ですし、テスト+αで評価していただけるので安心してください(笑)。テストに集中しすぎて挨拶等を怠らないように注意してくださいね。

交通費がかかる/お金がない

『暇な時間は意外とある!就職活動は自立の第一歩だ!!』
内定者記念撮影

遠方からの面接ならFDAで静岡へ!

 これはよくある悩みですね。すべての会社が1次面接から交通費を支給してくれたらいいのですが、さすがにそういう訳にはいきません(笑)。

 私は就職活動をするまでアルバイトをしていなかったので全く貯金がない状態でした。遠方の場合は夜行バスを使うなどなるべくお金を使わないようにしましたが、さすがに限界がありました。はじめは就職活動が忙しいからアルバイトができないと言い訳をしていましたが、夕方以降は意外と自由な時間が多かったので、時間の融通が利くコンビニでアルバイトを始めました。スケジュールを組むのは大変でしたが月に数万増えるだけで就職活動の範囲も広くなりましたし、新幹線を使うなど余裕をもって就職活動を進めることが出来ました。お金がかかりそうな月は前もって短期バイトで稼いでおくというのも一つの手です。振り返ってみると意外に暇をもてあます時間はあるので、就職活動費用はなるべく自分で稼ぐようにしましょうね(笑)。就職活動は自立の第一歩です。

 ちなみに鈴与は、総合職受験の場合2次面接から交通費を支給してくれたのでとても助かりました!

自己PRがうまくいかない

『自分だけにしか伝わらないPRに御用心』
 短い時間で知らない人に対して自分を伝えることは本当に難しいことだと思います。時間がないからといって早口で話したり、情報を詰め込んだ話をしたりしても面接官にはうまく伝わりません。

 私の場合も、就職活動を始めた頃はとにかく情報を伝えようと必死で自分のありのままを伝えることが出来ませんでした。しかし、就職活動の中盤で、「複雑な話をして想いが伝わらないくらいなら、簡単なことでもしっかり伝わることを言った方が良い」と気付きました。その結果終盤では、自己PRを聞かれると「部活をやってきたので体力と精神力、礼儀正しさには自信があります。」というものすごくシンプルな回答になりました。しかし、面接官の方々には悪い印象は与えなかったと思います。面接に行き詰っている人は一度自己PRなどを見返して伝わりづらくないか確認してみましょう。

 鈴与の面接ではたとえシンプルな自己PRでも面接官が話を引き出してくれました。また、待合室でも人事の方が積極的に話しかけて緊張をほぐそうとしてくれたので、面接では、自分のありのままを伝えることが出来たと思います。さらに、鈴与の選考ではGD後と面接後にフィードバックがもらえるので、就職活動でお悩みの方は是非鈴与の選考に参加してみてください。

面接官に強い印象が与えられない

『内容+α』
内定者記念撮影

やりたいことを見つけ出そう!

 強い印象を面接官に与えるために大切なこと、それは「内容」と「熱意」です。

 ある程度面接を繰り返した就職活動生の内容はブラッシュアップされているものと思います。しかし、他の就職活動生も同様に成長していることも忘れてはいけません。そこで、内容+αとして熱意が重要になってきます。ここでは熱意をどうやって面接官に伝えるかを私の経験を基に説明します。

 私は、まず会社説明会で純粋にやってみたいと思えることを探すようにしました。そうすることで、説明会の最大の敵である「睡魔」に打ち勝つことが出来ましたし、ES・志望動機の作成効率がかなり上がりました。その思いを膨らませて面接に臨むことで熱意のこもった話や行動ができるようになります。ちなみに私は鈴与の説明会で、港湾事業のダイナミックさに衝撃を受けたことを今でもはっきりと覚えています!

 また、元気な挨拶や声の大きさ、表情で面接官の印象が大きく変わるので一度やりすぎと思えるくらい元気に面接に臨んでみてください。そういったことが熱意に繋がっていくのです!!私は、話す内容よりも熱意で内定を頂いたことは間違いないと思います。

> 鈴与の説明会日程はこちら(準備中!)