鈴与株式会社
採用ホームページ
マイページ登録はこちらから
FAQ項目

よくある御質問

HOME>FAQ
握手するイメージ

FAQ

ここでは皆さんから多く寄せられる質問についてお答えします。「物流について」、「鈴与について」、「採用について」の3つのジャンルに分けて紹介します。

そのほかの質問等お問い合わせ

このページの上部へ ▲

物流について

Q

3PL(サードパーティロジスティクス)について教えてください。

A

3PLとは、顧客から物流業務をトータルで請け負い、顧客と物流戦略を共有、構築、提案していくシステムのことをいいます。

規制の撤廃・緩和に伴い、厳しい競争に生き残るために3PLという新しいスタイルの物流を模索・構築しています。これは、物流業者が海貨・通関・倉庫保管・トラック運送・船積荷役といった業務を一括して引き受けるというもので、今まで公にされなかったメーカーの製品売れ筋情報や営業戦略を共有し、最適な物流を提案していこうというものです。 顧客にとっても、物流業務を3PL業者に外注することで本業(コア・コンピタンス)へ資本を集中して投入でき、また、物流コストも削減できるといったメリットが得られます。

Q

現在の物流における取り組みについて教えて下さい。

A

3PL(サードパーティロジスティクス)の推進と、お客様のSCM(サプライチェーンマネジメント)構築の支援

「早く・適切なコストで・確実に」モノを運ぶという物流の三原則にしたがって、お客様のニーズに合った最適な輸送方法をコーディネートしていくことが私たちの使命です。その中で重視していることは、IT技術を駆使したオペレーション体制の確立など、従来の物流業務の更なる強化です。

リサイクル事業、静脈物流への取組み

ニーズの高まっている環境ビジネスと物流を絡めた静脈物流(回収物流)ビジネスに取り組んでいます。具体的には、機密文書やペットボトル等の回収、医療性の廃棄物を再資源化する事業を展開しています。

Q

清水港の強み、展望を教えて下さい。

A

恵まれた位置・交通アクセス

清水港は日本のほぼ中央に位置し、「首都圏の西の入口」として位置づけられています。背後には東名高速道路、新東名高速道路をはじめ国道1号線やそのバイパスが並行しているため、京浜工業地帯・中京工業地帯などの大工業地帯からも交通の便が良いという利点があります。

充実した港湾物流サービス

紙パルプ・木材・石油製品・魚介類など多種多様な貨物の取り扱いが可能です。さらに、コンテナの荷役作業については 364日24時間体制で行っています。また、水深15mの岸壁を備える新興津コンテナターミナルが2003年に完成し、2013年7月には新興津埠頭 第二バースの供用が開始され、清水港は更なる国際化や海上コンテナ輸送の増加、コンテナ船の大型化等に対応しております。

幹線道路整備による機能拡充

2012年の新東名高速道路開通や2013年の中部横断自動車道開通など、幹線道路整備が着々と進んでおり、清水港は従来の交通アクセスを更に強化させると同時に、内陸部へのアクセスにも便利な港となります。日本の主要地と繋がる港として、今後も発展していくことが予想されます。

このページの上部へ ▲

鈴与について

Q

「共生(ともいき)」の精神とは何ですか?

A

経営の拠り所とする考え方

当社には「社員相互」、「お客様」、「地域社会」の3者とともに、お互いの自律の下、切磋琢磨しあいながら共に成長して行くという考え方が根付いています。200年超の歴史の中で、困難を乗り越えながら常に自己革新を続けてこられたのは、鈴与に根付く「共生」の精神があるからに他なりません。また、鈴与がボランティア活動など地域貢献活動を積極的に推し進めるのも、「共生」の精神があるからこそです。

Q

鈴与の強みは何ですか?

A

創業以来200年超の年月を経て培ったネットワーク

約110箇所の国内拠点、20箇所の海外拠点といった当社のネットワークは勿論、全世界に拠点を持つ世界有数の国際物流企業(米UPS)とも提携をしています。
また、約140社からなる鈴与グループは物流、商流、建設、食品、情報、航空、地域開発、その他サービス事業等様々な事業を展開しております。グループ各社との連携によって、お客様からの様々な要望に応えることが可能となります。

Q

人材育成プログラムについて教えて下さい。

A

人事制度

社員の期待役割に応じて、それぞれの役割にふさわしい目標設定・職務配分を行っています。キャリアについては、年1回の自己申告制度などを通じて本人の意志と会社ニーズのマッチングを図っています。

OJT(On the Job Training)制度×BS(Brother&Sister)制度

業務スキルはOJT(職場において、仕事を通して実務を習得してもらうこと)を通して身につけます。特に新入社員については、ラインの先輩社員がOJT担当として付き、目標設定、スキル習得状況を確認しあいながら新入社員の成長を手助けします。
また、主に異なる職場の先輩社員が新入社員のサポート役(ブラザー・シスター)として付き、新入社員の入社後の精神面のフォローを図るBS制度もあります。

OFF-JT(集合型研修)

職場を離れた集合型研修(Off the Job Training)としては、マネジメントやリーダーシップ能力開発のため資格等に応じて行う階層別研修、資格取得支援のための通関士講座や簿記講座の社内講座、「物流技術管理士」等社外講座への参加を促しています。国家資格である通関士については、講座の成果もあり社内には250名超の通関士資格取得者が在籍しております。その他、英語や中国語の語学講座も開講しております。
この他にも、事業知識の習得や、ビジネススキルを学ぶ講座など様々なメニューがあります。

自己啓発支援

社員の自発的な能力開発の支援として、「通信教育制度」や社内外有識者を講師に迎える「オープンセミナー」等を行っております。また、物流の知識、経理の知識等を学ぶ当社独自の「鈴与ナレッジセミナー」システムも取り入れており、特に知識修得のために、web上での研修ツール「業務辞典」を社内に展開しています。これにより、自らの担当以外の業務内容についても概要を知ることができます。

Q

職場の雰囲気を聞かせて下さい。

A

若い社員の活躍!

物流の現場(港・倉庫・運送等)では、若手社員が現場の管理をしており、若手がいなければ現場が回らないくらい活躍しています。鈴与は若いうちから、責任ある仕事を任せ、上司・先輩社員が若手社員をフォローしながら育てていく風土があります。

社内・社外イベント

本社2階には、打ち合わせ等に使用する社内カフェがあり、他部署の社員との交流を促しています。また、社外の活動としては、清水みなと祭りの港かっぽれ総踊りへも参加しています。地域貢献活動については、全体を上げて「CI活動」を推進しており、寄付活動やボランティア活動などを行っています。
これら豊富なイベントで、同期や上下のコミュニケーションも活発なものとなっています。

Q

女性社員の活躍について教えて下さい。

A

女性のいない職場はほとんどないというほど、各セクションで幅広く活躍しています。

特に、貿易書類の作成業務・各種手配・受注業務・企画広報・保険・リースの営業・秘書などは女性の活躍が目立つ業務です。
現在、鈴与に在籍する女性社員は、総合職・一般職あわせて約200名おり、平均年齢は32.6歳、平均勤続年数は9.9年です。(平成27年10月度現在)
また、産前産後休暇のほか、雇用の継続を促進するため、休暇終了後も勤務意志のある社員に対し、当社の育児休業規定に沿った育児休業を付与する制度があります。

Q

地域に対して活動していることがありましたら、教えて下さい。

A

鈴与グループ会社を活用した地域貢献

エスパルスドリームプラザ

鈴与発祥の地である清水港に賑わいを創出するために、「エスパルスドリームプラザ」を立ち上げ、シネマコンプレックス、すしミュージアム、スーパーマーケット等が入った複合商業施設として、地元の商業、観光を盛り上げています。

エスパルスドリームフェリー

清水と伊豆の土肥間を結ぶ、駿河湾フェリーを関連会社「エスパルスドリームフェリー」で運航し、伊豆半島の西地区の地域活性化に一役買っています。

フジドリームエアラインズ

2009年7月に就航し、富士山静岡空港を拠点に、新千歳、青森、花巻、山形、新潟、松本、静岡、小牧、高知、出雲、福岡、北九州、熊本、鹿児島を結んでいるリージョナル航空会社です。地域を繋ぐ翼として、地域社会の発展に貢献します。

教育・文化施設等への援助

大学、博物館、図書館、市立病院、障がい者施設運営、体育館建設等、各方面の援助を積極的に行ってきました。その他、清水地区を中心にボランティア活動にも積極参加しています。
鈴与は創業以来、地域とともに事業を営んできており、「共生」の精神の下、現在も地域に対する感謝を忘れていません。

Q

社宅、社員寮はありますか?

A

現在、東京・浜松・清水に独身寮を約200戸保有しています。

寮・社宅のない地域の場合には、会社がマンション・アパートの借り上げを行い、会社の補助の下、社員に住居環境を提供しています。原則として、自宅が勤務場所から25kmを超える場合は、寮・社宅への入居が可能となっています。
新入社員にも自宅通勤が可能な場合を除いて、例外なく寮・アパートの手配がなされますのでご安心下さい。

このページの上部へ ▲

採用について

Q

総合職、一般職の違いを教えて下さい。

A

総合職は将来的に幹部候補社員として幅広く活躍していただきます。

現場を含む物流ラインでの業務や、顧客への営業、人事・経理といった管理部門のほか様々な分野で経験を積むため、勤務地は全国・海外各地になります。

一般職は特定の業務を維持・遂行し、業務の的確性・効率性を高めていくことを期待されています。

一般職から総合職へのコース転換制度も設けています。

年に一度の試験および面接を経て、総合職に転換する機会があります。総合職へのコース転換後は、より広い分野における活躍が期待されます。

Q

配属、ジョブローテーションについて教えて下さい。

A

配属については、本人の希望・適性・能力の他、会社の育成プラン・事業戦略等を考慮して配属を決定しています。

新入社員配属時には、内定者研修の中で人事部とのキャリア・アビジョン面談を実施し、会社方針に沿ったキャリア形成・配署を実施する中で、内定者の希望も検討材料に加えています。

総合職は専門性も求められる一方で、将来マネジメントの部分において能力を発揮してもらうために、様々な部門を経験いただくこととなります。具体的なローテーションについては、社員の適性や会社ニーズ、本人の希望を考慮して決定していきます。

社員の適性や会社ニーズ、本人の希望に合わせ、様々なローテーション体系を取ります。

一般職においては、自宅から通勤可能な地域内の部店または関連会社に異動していただくことがあります。

異動については、年に一度本人の希望を人事部に申告できる、「自己申告制度」や、会社ニーズに基づいた特定の業務や分野への勤務希望者を募る「社内公募制度」を設けており、社員の適切な配置・意欲ある社員の積極的な登用を図っています。

Q

選考にあたって語学力は必要ですか?

A

採用にあたっては、語学力を選考の基準とはしていません。

海外・外国人と直接的に接点のある国際業務に携わるセクションや、船舶代理店部などではより高度な語学力が必要となる場合もあり、当社では人材育成と、円滑な業務遂行を目的に英語・中国語の研修制度を設け、社員の業務に必要な語学習得をバックアップする体制を整えています。
また、今後の事業展開を考える上では、英語はもちろん、中国語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、インドネシア語、ベトナム語に長けた人材に注目しています。

このページの上部へ ▲

そのほかの質問等お問い合わせ

上記以外の質問、採用ホームページの内容等についてのお問い合わせは以下連絡先にて受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

鈴与株式会社 人事第一部 採用チーム

〒424-8703 静岡県静岡市清水区入船町11-1
TEL:054-354-3041
E-MAIL:jinji@suzuyo.co.jp

このページの上部へ ▲