FAQ

鈴与について

「共生(ともいき)」とは?

鈴与の経営理念。共生は、「社員」「社会」「お客様」の3者との共生で成立ち、寄り添う「優しさ」と自立して生きる「厳しさ」が含まれています。弊社が創業200年以上続いているのは、この理念を受け継ぎ、常に社会とお客様から必要な存在であり続けるよう、自己改革をし続けたからにほかなりません。

鈴与の強みはなんですか?

創業以来、培ってきたネットワークです。100か所以上の国内拠点以外に、国際物流企業(米UPS)との戦略的提携によって拡がる世界へのネットワーク。そして、7つの事業にわたって、約140社から展開する鈴与グループ各社とのネットワークによって、お客様からの様々な要望に応えることが可能となります。

職場の雰囲気を聞かせてください。

若い社員が活躍しています。物流の現場(港湾・倉庫・運送等)では、若手社員が現場を管理しており、若手がいなければ現場が回らないくらい活躍しています。
鈴与は若いうちから、責任ある仕事を任せ、上司・先輩社員が若手社員をフォローしながら育てていく風土があります。

女性の活躍について教えてください。

女性がいない職場はないほど、各セクションで幅広く活躍しています。特に、貿易関係の書類作成や手配、様々な営業、企画広報、秘書などは女性の活躍が目立します。また、仕事と育児が両立できるように、産前産後休暇・育児休暇はもちろん、休暇後も弊社の規定に沿った時短勤務などの制度があります。

社宅・社員寮はありますか?

現在、東京・浜松・清水には社宅や独身寮を200戸保有しております。社宅・寮が無い地域の場合は、会社でマンションやアパートの借り上げを行い、社宅・寮に住んでいる社員と差が無いようになっています。新入社員も自宅通勤が可能な場合を除いて、例外なく入居が出来ますので、ご安心下さい。

採用について

総合職と一般職の違いを教えてください。

総合職
幹部候補社員として、物流の現場や営業、経理等の管理部門のほか様々な分野で経験を積みます。勤務地は日本全国・海外各地と多岐にわたります。

一般職
特定の業務に従事し、業務の適格性・効率性を高めることを期待されています。また、年に一度総合職へとコース転換を行う機会があります。

配属について教えてください。

配属は、本人の希望・適性のほか、育成プラン・事業戦略などを考慮して決まります。異動は、年に一度本人の希望を人事部に申告できる「自己申告制度」や、入社前と3・6・10年目に行うキャリア開発面談を通して、社員の適切な配置・意欲のある社員の積極的な登用を図っています。

選考にあたっての語学力は必要ですか?

採用にあたっては、語学力を選考の基準とはしていません。しかし、海外と関わりがある部署には高度な語学力が必要となる場合がある為、英語・中国語の研修制度を設けています。また、今後の海外展開も考える上では、ポルトガル語、タイ語、インドネシア語、ベトナム語等に長けた人材に注目しています。なお、外国籍留学生の募集については、こちらをご確認ください。