Suzuyoの200年

鈴与の歴史

日本の産業に新しいフィールドを拓く

鈴与が200年を超える歴史を歩む事ができた理由、それは…
「常に地域・社会から必要としていただくためにチャレンジし続けてきた」 という事に尽きると考えております。
これからも鈴与は若く、フレッシュな仲間とともに、人と社会、地域をパートナーとして成長を続けていきます。

1801年
初代鈴木与平、回漕業・播磨屋をはじめる
1863年
初めて製茶を横浜に送る
1876年
郵便汽船三菱社(日本郵船の前身)の積荷扱店となる
1894年
帝国海上保険(現・損害保険ジャパン日本興亜)の代理店となる
1895年
石炭販売業をはじめる
1899年
清水港開港場に指定される
1906年
船舶代理業をはじめ、日本郵船の代理店となる
東京海上保険の海上積荷保険の代理店となる
1914年
波止場の新店舗
1923年
清水港開港場に指定される
関東大震災のため静岡県震災救済清水出張所を鈴与店内に開設
1929年
清水食品(株)設立
1933年
石油販売業をはじめる

最初に開設したガソリンスタンド
1936年
鈴与商店を株式会社に組織変更
1944年
(株)鈴与商店を鈴与(株)に改称
1949年
鈴与建設(株)設立
1950年
鈴与自動車運送(株)設立
1958年
母子寮建設資金を清水市へ寄付したことにより、総理大臣から褒賞を受ける
1969年
豊橋支店創立50周年記念として豊橋市、豊川市、蒲郡市へ社会福祉事業資金を寄付
1971年
創業170周年記念として、清水市へ屋内体育館を寄付
1977年
ベルギー・アントワープに初の海外拠点設立
(財)清水港湾資料館設立
1978年
IATA代理店認可
1979年
ロサンゼルス駐在員事務所開設
1981年
創業180周年記念として関連市町村に福祉車両を寄付
1988年
清水市立病院医療向上のため、清水市に寄付
1990年

SUZUYO AMERICA,INC.設立
鈴与商事(株)設立
鈴与システムテクノロジー(株)設立

静岡理工科大学開学、8代鈴木与平、理事長に就任
清水港湾博物館(フェルケール博物館)オープン


静岡理工科大学


フェルケール博物館

1992年
SUZUYO (THAILAND) LTD.設立
1993年
SUZUYO SINGAPORE PTE.LTD.設立
社員と会社からの寄付によるマッチング制度の開始
1994年
香港駐在員事務所開設
1995年

ホーチミン、マニラ駐在員事務所開設
中国浙江省に合併会社 寧波鈴隆貨櫃有限公司 設立

阪神大震災の被災地に缶詰等の救援物資や義援金を支援


救援物資輸送の様子
1996年
ベトナム・ハノイ合弁会社
DRAGON LOGISTICS CO.,LTD.設立
コミュニティFM局(株)エフエムしみず設立
1997年
SUZUYO SINGAPORE PTE.LTD.設立
日本海重油流出事故へ救援物資、義援金の支援
1998年

Suzuyo Gerenciamento Logistico do Brasil Ltda.設立
(株)エスパルス営業開始
エスパルスドリームプラザ オープン

長野パラリンピック冬季競技大会へ運営資金寄託


スタジアムのフラッグ


エスパルスドリームプラザ

2001年

創業200周年
興津研修センター稼働

国土交通省より地域活性化貢献企業大賞を受賞
水口屋ギャラリーオープン


200周年記念式典の様子


水口屋

2002年
清水商工会議所新会館建設へ寄付
2003年
寧波港鈴与物流有限公司 設立
(株)エスパルスドリームフェリー設立

エスパルスドリームフェリー
2004年
上海、広州駐在員事務所、プラハ事業所開設
新潟県中越地震へ義援金寄付
2005年
スマトラ島沖地震へ義援金寄付
2006年
杭州駐在員事務所開設
社内カフェ(Blue Ocean Cafe)オープン

社内カフェ
2007年
航空事業への参入を表明
2008年
(株)フジドリームエアラインズ設立
2009年
グリーンITアワード2009受賞
国土交通省海事局長よりエコシップマーク認定
2011年
PT.SUZUYO INDONESIA設立
東日本大震災の被災地に支援 物資・義捐金などの支援
2012年
Suzuyo Mexico, S. de R.L. de C.V.設立
グルガオン(インド)駐在員事務所設立
Suzuyo (Thailand) Ltd. Yangon Branch設立