2017.04.17

フィリピンで日系初の低温物流をスタート

当社は、フィリピンの現地法人「SUZUYO WHITELANDS LOGISTICS, INC.」(以下、鈴与フィリピン)において、今月より現地国内の日系物流企業で初めて低温物流のサービスをスタートさせました。

鈴与フィリピンは、低温物流の開始にあたって、首都マニラに隣接する経済中心都市のマカティ市に新たな倉庫を構え、また2温度帯(冷蔵・冷凍)の同時配送が可能な車両を導入しました。

新しい倉庫拠点は、マカティ市西部に位置し、冷凍・冷蔵・定温・常温の4温度帯を完備しています。新拠点から多くの食品小売業やレストラン、フランチャイズ店舗への小口店舗配送を実現し、お客様のご要望に合わせた多様な温度管理サービスの提供が可能です。

また車両には、2温度帯の同時配送が可能な機能を備え、加えて全ての車両にGPS、デジタルタコグラフ、ドライブレコーダーも装備。各車の現在地、速度、温度をリアルタイムで遠隔地から管理出来るシステムを構築し、安全で高品質な低温輸送サービスを提供してまいります。

鈴与フィリピンではこれらの倉庫や車両を活用し、同国で成長率が高い食品分野を主とする消費財市場の物流をターゲットに業務を展開し、フィリピン国内におけるコールドチェーンの先駆けとして、多様なお客様のニーズに応えてまいります。

倉庫概要

住所
7433 Yakal street, San Antonio Village,Makati City
敷地面積
2,200㎡
管理温度帯
冷凍・冷蔵・定温・常温
付帯設備
ドックシェルター

車両概要

車両サイズ
6.5トントラック
管理温度帯
冷凍・冷蔵
(常温での輸送も可能) 
導入台数
8台