2017.05.31

株式会社NTTデータの「物流画像判別AIエンジン」の実証実験に協力

当社は、この度、株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区 以下NTTデータ)が開発した「物流画像判別AIエンジン」について、多様な荷物の判別や自動仕分けに対する有用性などの実証実験に協力を致しました。

「物流画像判別AIエンジン」は、NTTデータが2017年6月から提供を開始する「AIを活用した『物流業務変革コンサルティングサービス』」に先立って開発されました。最新のディープラーニング技術を取り入れており、世の中に流通する多様な荷物の荷姿、寸法、破損の有無などの特徴を画像から自動的に判別できます。応用範囲は、幅広く、倉庫の入庫検品から仕分け、積み下ろし業務のロボット化に役立てられ、将来的には他分野への適用も可能です。

当社では、「物流画像判別AIエンジン」の開発における実証実験に際し、当社東扇島物流センターの一部をNTTデータに提供し、多様な荷物の判別基礎となる荷姿の撮影などに協力を行いました。

当社は、物流業界において人手不足が深刻化していく中、業務の省人化や効率化を図るよう、今後もAIやIoTなどの先端技術による自動化・機械化の導入に向けた研究開発を、他社と協力して積極的に取り組んで参ります。

[ご参考]「物流画像判別AIエンジン」の概要と特徴

「物流画像判別AIエンジン」は、スマートフォンや固定カメラにより撮影した荷物画像・映像のデータの特徴量を抽出し、荷物の形状などを最大1000種類まで自動的に判別することができます。物流現場は、製造業の生産工程と異なり取り扱う商品や荷物の種類が多岐にわたるため作業の機械化が難しい領域とされてきましたが、今回開発した本エンジンを活用することで、ロボットが多種多様な荷物を取り扱えるようになり、物流現場の人手業務の負荷を下げることができます。