輸入車パーツ 配送センター

鈴与のDistribution Center サービス 事例③

顧客業界特徴

  • ほとんどのパーツは海外からの輸入品となる
  • 流通チャネルはほぼ固定の販売代理店となる
  • 荷動きは完成車の市場動向(展示会、リコール等)に左右される
  • ネジ1本からバンパーまで幅広い荷姿の製品群を有する
<課題>
  • 輸入から国内デリバリーまでを効率的に管理したい
  • 様々な荷姿、形態、サイズの保管に対応できる設備が必要
  • 正確なオペレーションと在庫精度向上
  • 製品の性格上、在庫SKUが膨大・ロングテールとなる(保管コスト)
  • ディーラーからの問合せ対応等を含むアウトソース

鈴与のソリューション

  • WEBによる輸入情報のご案内、データベースに基づく迅速な通関手続き
  • 様々な製品特性に合わせた保管形式を完備した設備を提供
  • 入出荷作業にハンディターミナルを導入し高精度なオペレーションを提供
  • 鍵の複製等、流通加工を含めた受託体制
  • 確実なBPO実績により、首都圏から離れた立地でのローコスト運営
  • ディーラーからの問合せ窓口(ヘルプデスク)を開設
<効果>
  • 一括アウトソースの実現
  • 保管効率向上、コスト圧縮
  • 作業精度、効率向上
  • 納品遅延、破損等クレームに迅速に対応